エプロン

エプロン

150円

エプロン

エプロン:私たちはあなたがあなたのニーズに合った製品を選ぶのを助けるために手元に専門家のチームを持っています。 特価商品,【sale/80%off】,年末のプロモーションエプロン
商品の状態目立った傷や汚れなし
配送料の負担送料込み(出品者負担)
配送の方法らくらくメルカリ便
発送元の地域宮城県
発送までの日数2~3日で発送



sizeoutのため出品です #サンリオ #子供エプロン #300円で買えるもの #300円

高級レストラン"また行きたい"偏差値【2022年1月最新版】

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 私の主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の優劣ではありません。
  • 閉店分を削除するなどメンテしました(2021年2月)。過去版はコチラ


【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

台湾客家料理 新竹 (タイワンハッカリョウリ シンチク)/仲御徒町

仲御徒町駅から歩いてすぐの路地にある「新竹(しんちく)」。客家料理すなわち台湾の郷土料理のお店であり、「魯肉飯(ルーローファン)」を始めとする台湾料理の名店です。店内では台湾語(?)が飛び交い、ちょっとした海外旅行気分です。
ぐるぐる回転するテーブル(英語でレイジースーザンと呼ぶ。これ豆な)が乗った円卓がいくつかある店内。近所の爺さんたちが飲み会してたり、仕事帰りの兄ちゃんが食事してたりと気取らないお店です。普通に人気でディナータイムでも相席が当然なスタイルなので、気になる方はそれなりの人数で予約して訪れたほうが良いかもしれません。
海老とネギの炒め物。炒めるというよりも揚げ焼けに近い調理であり、カラっプリっとした歯ざわりの海老が後を引く美味しさ。塩味の強さにも迷いが無く、ビールが進む逸品です。
水餃子を始めとする点心は全て自家製。生地が分厚く良い意味で不揃いであり食感にリズムが生まれいとをかし。タネよりも生地の美味しさを愉しむ逸品です。
スペシャリテの「魯肉飯(ルーローファン)」。台湾の国民食とも言える丼モノであり、豚肉のミンチと細かく刻んだシイタケが甘辛く煮込まれています。チンゲン菜の量もそこそこあるのが嬉しいですね。台湾のそれと異なり平皿でゴハン大盛りでやって来るので、女の子ひとりでは食べきれないほどのボリュームです。

私は2019年に「環島」してから台湾には思い入れがあり、コロナ禍で彼の地に赴くことができず寂しい思いをしているのですが、何のことはない、台湾は仲御徒町の路地裏にありました。ランチタイムは売り切れメニューが続出するほどの人気店。お目当ての料理がある場合は早い時間にどうぞ。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
それほど中華料理に詳しくありません。ある一定レベルを超えると味のレベルが頭打ちになって、差別化要因が高級食材ぐらいしか残らないような気がしているんです。そんな私が「おっ」と思った印象深いお店が下記の通り。
1,300円としてはものすごい情報量のムック。中国料理を系統ごとに分類し、たっぷりの写真をベースに詳しく解説。家庭向けのレシピも豊富で、理論と実戦がリーズナブルに得られる良本です。
プリチャン ピュアプリンセス セット 選べるキャラスリーブ3枚おまけファーブローチ読売ジャイアンツ 重信慎之介選手 実使用 バッティンググローブ ZETT ゼットケロケロケロッピ ノート【新品】JKさん。その3 DKsha 加瀬大輝 コミケ99YONEX 数量限定 ハーフパンツ(UNI)グレースコンチネンタル 〔簡単な修理が必要〕サンタさんコスプレ レディース
エコーショー5 スクリーン付きスマートスピーカープリキュア クッキー 缶バッジ キュアエール 野乃はな ハグっと プリティストア60cm シーケンシャルウインカー 流れるウインカーローテーブル 70×36 無垢材 カフェテーブル コーヒーテーブル ハンドメイド子供服邦画 フライヤー 146枚【家での趣味に♪】UVレジンセットfree 3ポケット クリアファイル セット

東山 Touzan/ハイアットリージェンシー京都

おかげさまで今年も「Tabelog Reviewer Award」のGoldを受賞することができました。ご声援ありがとうございました。
さて、ハイアットリージェンシー京都の地階にある「東山 Touzan」。もともとは日本料理店ですが、近年は日本茶を主軸においたアフタヌーンティーにも力を入れており、物珍しさから一度試してみることに。
ハイアットリージェンシー京都のお庭を望む気持ちの良い空間(写真は公式ウェブサイトより)。今回は昼間に訪れましたが、この空間づくりはディナーであっても映えることでしょう。とは言え椅子とテーブルが前提であり、外国人をお連れしても良さそうです。
ウェルカムスイーツ(?)の球体。ホワイトチョコレートで形作っており、中にはお茶が詰まっています。口の中でお茶の風味が大爆発。
さっそく玉露がやってきました。京都の老舗の日本茶専門店「一保堂茶舗」からのものであり、驚くほどの甘味が感じられます。このお茶を淹れるのは大変ややこしいらしく、アフタヌーンティーに関わるスタッフは皆「一保堂茶舗」でトレーニングを積んできたそうです。
続いて大福茶。いわゆる玄米茶であり、とは言え玄米の量は少なめ。平安時代の疫病騒ぎを収めたお坊さんが用いたツールがお茶であり、そのお茶の系譜を汲むそうです。コロナ騒ぎにピッタリである。
そうこうしているうちにセイボリーとスイーツがやってきました。2段重ねの竹材ティースタンドを用いたプレゼンテーションがクールです。
まずは下段のセイボリーから。キュウリの糠漬けをドッグにした蛮勇とも言える料理ですが、これが中々いける。
こちらは味噌香るフォアグラムース最中。こちらは純粋に美味しいですね。コッテリした肝臓の脂と味噌のコクが良く合います。
秋鱒のフライと京漬物のタルタルのサンドウィッチ。和洋折衷というか何というか、キュウリドッグに引き続きかなり攻めた料理です。漬物をタルタルに活かすという発想はありませんでしたが、なるほどピクルスとは漬物なのだ。
こちらは一口寿司。きちんとしたお造りにブランド醤油「みずほ醤油」をかけて頂きます。
変な表現ですが、セイボリーが料理として普通に美味しいので、ここはひとつワインを合わせましょう。「日本の泡 甲州&シャルドネ」をアフタヌーンティーのゲストは特別に千円ポッキリで注文することができます。外資系ラグジュアリーホテルのダイニングで泡を1杯飲んで千円で済むのは世界でも当店ぐらいでしょう。
上段はスイーツ特集。時計回りに「丹波栗のヴェリーヌ」「宇治抹茶のオペラ」「葡萄とシャンティクリームのサンドウィッチ」「日本酒香る柿のタルト」。味が良いのは当然として、センスが抜群に良いですねえ。洋の東西が見事に組み合わさっており、その辺の洋菓子店が企画的に和の素材を採り入れるのとは一線を画す完成度の高さです。練りに練られた企画。これがホテルの総合力である。
ほうじ茶の風味が香るスコーンも美味しい。一般的にアフタヌーンティーにおけるスコーンは口の中がパッサパサになりがちであり、ギャルたちもどちらかというと賞味用というよりも観賞用・撮影用という意味合いが強いですが、当店のそれは結構、いやかなり美味しいです。ちなみに3種目のお茶は「極上ほうじ茶」。焙煎の香ばしさが堪りません。
〆にぜんざい。品のある心地よい甘味であり、ホカホカした口当たりが寒い季節にピッタリ。
果物も出ます。今にもジャニーズが踊り出しそうなモクモク感。そうそう、踊りと言えば、かつて当店は夕食時に舞妓さんの舞踊タイムがあり、その後は舞妓さんが各テーブルを周り写真撮影に応じてくれるというサービスがあったそうです(今やってるかは知らん)。いい企画だなあ。観光客のツボをビッタビタに押さえている。
お抹茶「関の白」でフィニッシュ。旨味と苦味が心地よく共存し、アフターは円やか。ごちそうさまでした。

これで税サ込5,600円は安い。すげえ安い。価格はさておき、和のテイストを前面に打ち出したアフタヌーンティーというコンセプトも唯一無二のもの。加えて都心のホテルのアフタヌーンティーとは段違いの客層の良さであり、空間づくりや眺望も素晴らしい。京都に来た観光客が外資系ホテルのアフタヌーンティーに行こうとはなりづらいですが、ここはひとつ騙されたと思って訪ねてみましょう。オススメです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング


関連記事
京都はとにかく和食がリーズナブルですね。町全体の平均点が高いのはもちろん、費用対効果も良いことが多い。その文化に影響を受けてか、欧米系のレストランにも目が離せない魅力がある。
JR東海「そうだ京都、行こう。」20年間のポスターから写真・キャッチコピーを抜粋して一冊にまとめた本。京都の美しい写真と短いキャッチフレーズが面白く、こんなに簡潔な言葉で京都の社寺の魅力を表せるのかと思わず唸ってしまいます。

calme (カルム)/池尻大橋

池尻大橋のジャンクション「目黒天空庭園・オーパス夢ひろば」近くにある「calme (カルム)」。中州という何というか、大きな通りに囲まれた面白い立地のビルの2階です。
しっとりと暗く落ち着いた雰囲気の店内。我々はお食事目的でお邪魔しましたが、カウンター席にはおひとりさま女性率が高く、ワインバーとしての使い勝手も良さそうです。奥にはアップライトピアノがあり、コース名にも「ショパン」があったりと、何か音楽にゆかりがあるのかもしれません。
ビールは千円を切りグラスのワインは千円~と良心的な価格設定。我々は良く飲むふたりなので、グラスの泡に続いてボトル主体に組み立てます。ソムリエから提案されるワインが多種多様で、フランス料理店でありながら幅の広いラインナップでした。
まずは内臓を温めましょうと茄子と甲殻類のスープ。これはもう、どっちゃくそ美味しいですねえ。甲殻類のあつぼったい香りと旨味に胃袋が溶けそうになる。
続いてサバ。ゴマを一面に塗り付け程よく火入れ。サバのしっとりとした旨味をしみじみ楽しみます。アンチョビを用いたアクティブな調味も見逃せない美味しさです。
フォアグラはシンプルにフライパン焼きにしたものですが、どっしりとした脂質が舌の上で踊ります。菊芋を用いたソースも滋味あふれる美味しさです。
パンは素朴なバゲット。全体を通してソースがしっかりした料理が続くので、これぐらいの音域のパンがちょうど良し。
お魚料理はタイ(細かな分類は忘れた)。サバに続き、やはりしっとりと優しい火入れ。コッテリ目のソースとコッテリ目のワインと共に至福のひととき。
お肉料理はエゾジカ。ズバっと一本気な調理であり、嗚呼めっちゃシカ食べてる感の強いひと皿。こちらにはスパイシー目な赤ワインを選んでもらい。まさにマリアージュといった完璧な組み合わせでした。
デザートもしっかりしていて、当店のキッチンの方向性はかなり硬派です。ネット上の口コミでは「モダンフレンチ」と分類されていることが多いですが、私にはとてもクラシックに感じました。店内に流れる音楽がそうであるように。
紅茶でフィニッシュ。ごちそうさまでした。

1万円弱のコース料理に結構飲んで、お会計はひとりあたり2万円弱。一般的な飲食サイズであれば1万円強に収まりそう。落ち着いた大人のデートにピッタリなお店。他方、ランチタイムは千円台~の定食屋営業もやってるそうなので、今度はソロでそちらにお邪魔してみようかしら。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
「好きな料理のジャンルは?」と問われると、すぐさまフレンチと答えます。フレンチにも色々ありますが、私の好きな方向性は下記の通り。あなたがこれらの店が好きであれば、当ブログはあなたの店探しの一助となるでしょう。
日本フレンチ界の巨匠、井上シェフの哲学書。日本でのフレンチの歴史やフランスでの修行の大変さなど興味深いエピソードがたくさん。登場する料理に係る表現も秀逸。ヨダレが出てきます。フランス料理を愛する方、必読の書。

イデアル・ビストロ(IDEAL bistro)/天満橋(大阪)

大阪は天満橋駅出てすぐの場所にある「イデアル・ビストロ(IDEAL bistro)」。山嵜宏樹シェフはザ・リッツ・カールトン大阪のメインダイニング「ラ・ベ」で16年間腕を磨き、2017年に当店を開業。ミシュラン2ツ星を2年連続で受賞しています。
店内は小綺麗なビストロといった風情であり丁度よいサイズ感です。ちなみにシェフの奥様はフローリストであり、店内に花飾りやグリーンが満ちていて心なごみます。
おまかせのディナーコースは1万円弱で、それに合わせたワインペアリング5杯が5千円ほどと良心的。加えて最初の1杯はシャンパーニュという気前の良さです。
アミューズから凝っていて、カリフラワーのヴルーテ(どろどろスープ)に軽く熱を入れた
ホタテ。アクセントにヘーゼルナッツを散らしています。カリフラワーの滋味あふれる味わいにヘーゼルナッツの香ばしさが良く合う。
前菜にズワイガニ。薄切りの大根の中にはカニのカクテルサラダが詰まっており、海の旨味に満ちています。トマト風味のクリームもオシャレな味わいであり、センス溢れるひと皿でした。
ホロホロ鶏のバロティーヌ。フォアグラやらナッツやらを鶏肉でくるりと巻いて、ほどよく固まったところをスライスします。西麻布系ではすぐにフォアグラの量を増やしたり白トリュフを山ほど削ったりしがちですが、当店のバロティーヌはそれぞれの素材に基づく味覚バランスが良く、正月用に丸々1本買って帰りたいほどの美味しさでした。
お魚料理は金目鯛。穏やかに火を入れてトマト風味のバターを塗布し、優しい味わいです。他方、質量のあるソースの存在感は「ラ・ベ」で長年腕をふるった杵柄といったところでしょう。
パンは素朴なものですが、魚と肉のそれぞれのソースが圧強めなので、このぐらいがちょうど良いのでしょう。
メインはエレゾの蝦夷鹿ロース肉。迫力はあるのですが不思議とキレイな味わいであり、ジビエが苦手な方でも心地よく楽しむことができるでしょう。ミンチ肉が詰まった付け合わせのラビオリがめちゃ旨で、正肉を圧倒するほどの存在感でした。
デザートは色々なチョコ菓子なのですが、腰を抜かすほど旨く、華やかで、恐らくビストロで出されるアシェットデセールという意味では世界一の品質ではなかろうか。ちなみにもう一種、イチゴとメレンゲをどないかしたものも選択できるのですが、隣のテーブルを盗み見た限りではそちらも実に旨そう、かつ、センスのあるプレゼンテーションであり、シェフはリッツでアントルメティエとしてもしごかれたのかしら。
紅茶で〆てごちそうさまでした。

先述の通り、おまかせのディナーコースは1万円弱で、それに合わせたワインペアリング5杯が5千円ほどと実にお値打ち。東京のちょづいた店なら倍は請求されそうなクオリティです。場面で皿出しのテンポが悪くなることもありましたが、(たぶん)お夫婦だけでこの客数を相手にしてこのスピード感と考えれば大したもの。

「ラ・ベ」のようにゲストに緊張を強いるという雰囲気ならびに料理ではなく、心理的に負担を与えない費用感なので、こういうお店でデートできると男子の株がめちゃんこ上がるなあと憧れました。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
「好きな料理のジャンルは?」と問われると、すぐさまフレンチと答えます。フレンチにも色々ありますが、私の好きな方向性は下記の通り。あなたがこれらの店が好きであれば、当ブログはあなたの店探しの一助となるでしょう。
日本フレンチ界の巨匠、井上シェフの哲学書。日本でのフレンチの歴史やフランスでの修行の大変さなど興味深いエピソードがたくさん。登場する料理に係る表現も秀逸。ヨダレが出てきます。フランス料理を愛する方、必読の書。

エプロン

エプロン:私たちはあなたがあなたのニーズに合った製品を選ぶのを助けるために手元に専門家のチームを持っています。 特価商品,【sale/80%off】,年末のプロモーションエプロン